松田瑞生の厚底シューズは何?名古屋ウィメンズマラソン2021優勝!

2021年3月14日に名古屋で行われたウィメンズマラソンで優勝した松田瑞生(まつだみずき)選手。

バンテリンドームナゴヤ発着の42.195キロで、22キロ過ぎから独走態勢を築き2時間47分51秒で堂々の優勝を果たしました。

また、松田選手は東京五輪代表の補欠でしたが東京五輪代表落選から奮起され、見事今回の優勝となりました。

そんな松田瑞生選手せすが、今回の名古屋ウィメンズマラソンでは厚底のシューズで走っていた事も話題となりました。

今回は「松田瑞生の厚底シューズは何?ウィメンズマラソン優勝!」と題して記載していきます。

松田瑞生選手の厚底シューズは何?

今回松田選手が履いていたシューズはいわゆる「厚底シューズ」と呼ばれるものです。

シューズはナイキのエアズーム アルファフライ ネクスト%です。

2019年10月12日オーストリアのウィーンで行われた「イネオス1:59チャレンジ」にて非公式ながら、ケニアのエリウド・キプチョゲ選手が1:59:40のタイムを記録し、その時に履いていた厚底ランニングシューズがナイキのエアズーム アルファフライ ネクスト%だったことで話題になりました。

一時はこの厚底シューズの使用によりタイムに明らかな違いがあるため、全面使用禁止されるのではという心配もありましたが、2020年に世界陸連から一部条件付きで使用が許可され、東京五輪でも市販品の使用が可能となりました。

松田瑞樹選手のシューズはどれ?

松田瑞樹さんのシューズは「ナイキ WS エア ズーム アルファフライ ネクスト%」で、カラーは、かかと部に赤緑が見えますのでこちらが近いと思われます。

 

松田瑞生選手の今までの非厚底シューズは?

昨年2020年の大阪国際女子マラソンで松田選手は非厚底シューズで優勝したことが話題となりました。

この時のシューズはシューズ職人として有名な三村仁司さんのニューバランス社製の特注シューズを履いていました。もともと松田さんは外反母趾があったために、足にあうシューズでなければならないという事で、高校時代から履きなれたシューズを求めていたようです。

厚底シューズの場合、特注ではなく既製品でなくては試合で使用することができません

外反母趾がある松田選手はそれだけでハンデが生じますが、それでも新しいチャレンジとして、現在マラソン界で主流となるナイキの厚底シューズを今大会で履いて走ったという事ですので今大会にかける思いが伝わりますね。

まとめ

松田瑞生選手のシューズは「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」

 

今大会は今まで履きなれていた特注の非厚底シューズではなく、好タイムが出ることで現在マラソン界で主流となっているナイキの厚底シューズで走っています。

松田選手は今大会で堂々の優勝となりましたが、昨年の自身の優勝タイムに4秒届かず、涙の優勝インタビューが印象的となりました。

今回、ナイキの厚底シューズでのチャレンジとなりましたが、外反母趾もある松田選手はまだ既製品の厚底シューズを履きなれていないのかもしれません。

今後の大会で松田選手がさらに好タイムを出す可能性も多くありますので、これからの松田選手の活躍に期待ですね!

それではここまでご覧いただきありがとうございました。

あわせて読みたい

名古屋で3月14日に行われた、2021年ウイメンズマラソンで優勝した松田瑞生(まつだ みずき)選手。 昨年行われた同大会で、山麻緒選手が2時間20分29秒の大会新記録で優勝したことにより、東京五輪代表選考で残念ながら代表落ちとなり、現[…]

あなたにおすすめ